2018/04/19

chabott engineering

アートとメカニックのはざまで

取材協力/http://shinyakimura.blogspot.jp/

木村信也という男をご存知だろうか。

20 年以上前に愛知・岡崎でハーレー ダビッドソンのカスタムショップ、ゼロエ ンジニアリングを開業。グースネックと 呼ばれるステムヘッドを前方に伸ばした ハーレーならではのカスタム手法を駆使 し、極端に低く、シンプルかつコンパクト な古めかしいバイクを次々生み出して、 日本はもとより世界中で人気を獲得。 ゼロスタイルという言葉が世界のハーレー カスタムワールドで定着するほどブレイ クを果たしたカスタムビルダーである。 木村を含む5名ほどが働くゼロエンジニ アリングは、オーダーしても4年待ち、 などという状況が 10 年以上も続いたも のだった。

 

続きはClubman Vol.2本誌 P37で!